☆フレンチブルドッグとの生活☆

hana050110.exblog.jp
ブログトップ

老犬。



実家のアンデルセン(14歳)が、てんかん発作で倒れて1ヶ月近くなるだろうか。

寝たきりになって、もう20日。

母の事も心配なので、この所 京都と大阪を行ったり来たりしています。




d0133403_19403364.jpg






アンデルセンは、日によって頭を上げられたり、這いつくばって動いたり

全然 頭も上げられず動けず の日もあったり。

それでも顔はそんな老犬って感じでもない。


d0133403_19431114.jpg



まだらボケなのか、アンデらしい時と、そうでない時があります。

夜鳴きもひどいですが、昼間も鳴き続けたり。

どうしたものかと 母と頭を悩ませてます。





タバサ(12歳)はというと、

先月、突然子宮蓄膿症になり緊急手術して、すっかり元気になりました。

でも、やっぱり群れのリーダーであるアンデがこんな状態なので

散歩の時も無茶苦茶で若干不安そうです。

そうはいってもタバサも12歳なので、日中は広いベッドで寝てます。


d0133403_1948563.jpg





アンデの為に買った、床ずれ防止マットもタバサのものに....?!


d0133403_19484738.jpg







そんなこんなで

犬の一生について、色々と考えてしまう今日この頃です。

















[PR]
by hana05011030 | 2011-06-23 19:51